旅の記録(夏)

身の丈程が夏の時期に小旅行した記録です。


 2.夏の花の都公園

百日草と富士夏の富士とブラック号

花の都公園とは、山中湖の近くにある公園である。この公園は、株式会社 山中湖観光振興公社が運営を行っており、公園の近くにある温泉施設、山中湖温泉「紅富士の湯」山中湖平野温泉「石割の湯」などの運営も行っている、山中湖村100%出資の公益会社。入場料を払って公園内に入り、楽しむことも出来るが、身の丈程はいつも公園の周りにある無料の花畑で楽しませていただいている。

夏も沢山の花が植えられ、尋ねるたびに目を楽しませてくれる。7月当初はポピー(ひなげし)にかすみ草、8月は百日草やヒマワリなどを見る事が出来る。この季節、見学の人も多いが、晴れていれば花と雄大な富士をバックに最高の写真が撮れる最高の季節である。但し、この季節の富士山はなかなか顔を出してはくれないのが難点。

ヒマワリ1 ポピー

特に夏休みの駐車場は大渋滞。その点バイクであると、少々のスペースを頂ければ駐車可能。バイクの機動性を十分に発揮できる瞬間でもある。

花の密度の濃い、ヒマワリや百日草が圧巻。かすみ草は白い絨毯を弾き詰めた様に、真っ白花を見ることできる。ポピーもきれいではあるが、花の間隔が広いので、見栄え的に関しては前者に少々見劣りするが。^_^;

時には、花畑の中に入って直接花を楽しむことも出来る。但し、ミツバチやその他の虫たちもこの中で楽しんでいるので、むやみやたら手を出すと怪我をする事もあるので十分注意されたい。 ただ花を見るだけではなく、(有料施設には)親子で楽しむアクアゾーンなどや四輪自転車などの乗り物もあるので、子供たちを連れてきても十分に楽しめる。さらには、夏休みの宿題に季節の花を描いてみるのなど・・・如何なものであろうか。 小富士 (自分の娘などは、この手の興味が全くないのだが・・・・・(^^ゞ)






 

inserted by FC2 system